ゴルフ ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフのバンカーのルール

ゴルフのバンカーショットにはルールがありますから紹介したいと思います。

プライベートなゴルフコンペ以外ではアマチュアの公式大会などでもゴルフのバンカーのルールがあります。

例えばゴルフボールの球を探すために枯れ葉を取り除く場合、ゴルフボールが動かないのであれば取り除いてもいいのですがゴルフボールの一部がわかる程度ならいいのですがそれ以上動かすと覆わなくてはいけません。

例えばゴルフのバンカーで砂に入ってゴルフボールが見えないときには砂を掘ってもいいのですが、砂を掘りすぎるとやり直しになります。

ゴルフのバンカーでは砂を触ってはいけないことになっていますが、これはバンカーの砂の質を確かめてゴルフのショットを確認しようと思っているからだとみなされるからです。

ゴルフのバンカーでは砂は触ってはいけません。

ゴルフのバンカーで素振りをしたときにバンカーの中の砂が触れてしまった場合には、これはペナルティーになってしまいます。

もしも、偶然砂が触れてしまったときでも、ゴルフボールがハザード内にあるときに砂に触ってしまうと2罰打を受けることになるようです。
ゴルフボールがバンカーから出ないときにクラブを砂につけて怒ったりしてもいけません。

ゴルフのグリーンのルール

ゴルフのグリーンのルールについて抜粋して紹介したいと思います。

例えば、ゴルフの自分の順番を待っているときに、グリーンの横でゴルフのパッティングの練習をした場合にはグリーンの横であっても、うえであっても、違反になってしまいます。

プレーをしているときの練習は2罰打になるといわれています。

ゴルフのラウンドをしているときにストロークをしてもいいといわれているのはホールとホールの間でゴルフのプレーを終わったばかりのホールのグリーンの時だけです。

また、ほかの人がゴルフのプレーをしているときに、自分の球を打ってしまった場合には、2罰打ということになります。

また天候によっては雨が降っている場合がありますが人に傘をさしてもらって打ったりするのも2罰打になります。

ゴルフのグリーンのルールは他にもありますが、例えばパターのソールで打ってカップインさせてしまった場合にはクラブのどの部分でゴルフボールを打っても問題は特にありませんから、ソールの部分でカップインしても特に罰は受けません。

もしも自分のゴルフボールが他の人が打ったバンカーショットの砂でかかって死また場合には、元の状態に戻してもいい事になっています。
"

ゴルフのティーショット

ゴルフのティーショットをする時には何に気をつけてやっていますか?

例えばゴルフのティーショットをする時には、スタンスを考えたりゴルフボールの場所を考えたり、グリップの持ち方やスパットを選んだりと、色々とゴルフのティーショットをする場合には考えると思います。

ゴルフの初心者の人はそれほどかからないかもしれませんが、ゴルフ中級者や上級者の場合には5分くらい考えているかもしれません。

プロの人たちはそれほど時間はかかりませんがやはりアマチュアのゴルファーの人は、ティーショットに時間がかかってしまいますね。

ティーショットをする時のポイントを紹介したいと思います。

まずティーショットを打つときの目標は遠くのもので動かないものに決めます。

できれば高いほうの位置にあるものの方がいいようです。

そしてゴルフボールや足元を見るのではなくて、目標を意識しながら構えましょう。そして構えたらそれほど時間をおかずにスイングすることが言いようです。

ゴルフでナイスショットを打ちたい人は目標を右に置いて遠くの動かないものを目標にするのが一番のようです。

初めは難しいかもしれませんが慣れれば上達も早くなるでしょう。

ゴルフのアプローチ

ゴルフのアプローチですが、グリーンまであと少しというときに、せっかくあと少しだったのに乗せるまでにかなりの打数がかかってしまったという人も多いのではないでしょうか。

ゴルフのアプローチの基本的なことは、転がすことです。

ゴルフボールとグリーンの間にバンカーなどがない場合ですが、使うゴルフクラブは、パターでもドライバーでもどれでもいいのです。

ゴルフクラブの特徴と、グリーンの状態を把握しておけば思い通りのゴルフのアプローチをすることが出来ると思います。

スプーンやパターでゴルフボールを転がす場合にはゴルフボールに当たったときから転がります。

サンドウェッジでゴルフボールを転がすとロフト部分があるのでキャリーが出ることになります。

ですから、ゴルフクラブのロフト角に対してキャリーが出ていますから、その飛び具合を理解することが出来れば上手にアプローチすることができます。

でも、いくらゴルフクラブを正しく選んだとしても、もしも打ち方が正しくなければ上手くいきません。

スイングスピードが早すぎるといけませんからゆっくりと振るのがいいと思います。

ゴルフの練習方法

ゴルフの練習方法でボールを置く位置ですが、アドレスでゴルフボールを置く場所によって打つゴルフボールの種類は決まるといわれています。

スライスフェードを打ちやすくすることもできますし、フックドローを打ちやすくすることもできます。

ゴルフボールを左の方においておけばスライスフェードがしやすくなりますし、右に置くようにすればフックやドローが打ちやすくなるというわけです。

ゴルフボールを置くときには何を基準にしておいて練習をすればいいのかというと、基本的には9番アイアンでスタンスの正面に置くと考えます。

そしてそこから順番に長い番手になれば左よりにしていきます。

ゴルフボールを動かすのではなくて、スタンスの幅を広くするために左に寄せると思うといいと思います。

ゴルフを練習するときにゴルフ練習場へ行った場合には、周囲の人に気を配りましょう。

素振りの練習をする場合には前後に人がいないことを必ず確認してまた、自分の打席にあるゴルフボールに当たらないようにも注意しましょう。

打席を囲んでいるフェンスや自動のティーアップ機器にもぶつからないようにして、初心者の場合にはクラブの長さにあまりなれていませんから、本当に注意しなければいけません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。