ゴルフ ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフのグリップの素材

ゴルフのグリップは最近では色々な種類のものが販売されています。

ゴルフのグリップの素材や重さ、太さというのはただ単にデザイン性や持ちやすいというだけでなく、一般のゴルフを楽しむ人が思っている以上に実はゴルフの技術に影響を与えているのです。

ゴルフのグリップは昔は皮で作られたものが主流でしたが、最近では皮でできているゴルフのグリップというのはあまり見かけなくなりました。

ゴルフのグリップは最近ではゴム以外の素材もどんどん増えて生きています。

ゴルフのグリップの素材でEPDMと呼ばれる素材があるのですがこれはコンパウンド素材のゴルフのグリップで、このグリップを使う人が多くなっているようです。


ゴルフのグリップの素材のコンパウンド資材は、ゴムよりも柔らかくてしっとりしている感触のグリップがいいと思っている人はとても気にいるのではないでしょうか。

ウィンのゴルフのグリップは、新しい素材のグリップを使っていて、持ち易い感触になっています。

ゴルフのフェアウエーウッド

ゴルフのフェアウェーウッドというのは、普通のウッドに比べると低重心のゴルフのクラブなのですがコレは1990年代後半の流行りましたそれ以来フェアウェーウッドは今でも人気があります。

現在では、7番と9番のウッドを持っている人が多いのですが11番と13番のウッドを持っている人も多いといわれているほどとっても使いやすいゴルフクラブなんだそうです。

最近のフェアウエーウッドでは、チタンのヘッドにカーボンシャフトをつけたものが販売されていますがゴルフのシャフトの長さとクラブヘッドの重さなどのバランスを考えて作られているようです。

ゴルフのフェアウェーウッドは、昔のクラブよりも低くて、深い重心のヘッドでできているので、ゴルフボールを簡単に上がるようなゴルフクラブが作られています。

初心者にはいいのですが上級者のためには、あまりゴルフゴールが上がりすぎないような機能のゴルフのフェアウェーウッドを選ぶほうがいいかもしれません。

ゴルフのアイアン

ゴルフのアイアンというのは大きく分けると鍛造アイアンとキャ日ティーデザインの鋳造アイアンに分けられると思います。

また、最近ではゴルフのアイアンの新しい種類として、ハイブリッドタイプのアイアンも販売されているようです。

鍛造アイアンは手作りのような感じがしていて低重心にはなっていませんから、ゴルフの上級者を対象にしたゴルフクラブといわれていましたが最近ではキャビティーバックのアイアンの鍛造クラブも販売されていますから、一概にゴルフの上級者向けというわけでもないようです。

鍛造クラブの方は、柔らかい感じでゴルフゴールを打つことができるのが最大の特徴で、一回その感触に慣れてしまうと鋳造アイアンではもう打てない人も多いのではないでしょうか。

ゴルフの鋳造アイアンの方は高精度なクラブの量産に向いているゴルフクラブで、製造コストなどでも大変メリットがあるようですから最近ゴルフショップなどでも沢山で回っているようです。

こちらのゴルフアイアンの方は、ゴルフ初心者からゴルフ上級者まで幅広いゴルフプレイヤーに使うことが出来ます。打ちやすいゴルフクラブとして有名ではないでしょうか。

ゴルフのパター

ゴルフのパターは、ブレード、ピンタイプなど色々な種類に分けることが出来ます。

今ゴルフのパターで一番よく使われているのはピンタイプのゴルフのパターと、マレットタイプのゴルフのパターが良く使われているといわれていますが、素材も色々で、金属でできているゴルフのパターもあればプラスティックでできているゴルフのパターもあります。

またデザインも色々ありますから、ゴルフクラブの中でも一番個性が発揮できるクラブではないでしょうか。

ゴルフのパターでステンレススチールのヘッドでできているものは沢山のゴルフを楽しむ人が望んでいる柔らかい感触の打ち心地を出すことが出来ないので、ゴルフのパターは昔から銅やアルミ、軟鉄などで作られてきたんだそうです。

しかし最近ではすとスト路ミックでも有名なエラストマーと呼ばれるプラスティックとゴムの間の特徴のある材料がゴルフクラブのフェースやフェースの後ろに入れるクッションとして使われています。

ゴルフと視力

世界的にも有名なタイガーウッズというゴルフプレイヤーがいますが、タイガーウッズは1999年に視力を回復させるためノレーシックと呼ばれるレーザーによる治療を受けて2000年にゴルフで素晴らしい結果を出しました。

それまでのタイガーウッズは、コンタクトレンズをつけてゴルフのプレイをしたい単だそうですが、目にゴミが入ったり山間部でのゴルフのプレイの時には花粉症になったりといった悩みが多かったそうです。

タイガーウッズは視力を回復してからゴルフの成績が良くなったといわれていますが、ホールやグリーン、フェアウエーやゴルフボ^ルなど、すべて大きく見えるようになったために、ゴルフのプレーでもそのことが関連したといっていたんだそうです。

特にタイガーウッズの場合にはゴルフのロングパットを行う場合に視力が良くなってからは大きく影響が出たといわれています。

ゴルフプレイヤーのビージェイ・シンという人も昔はメガネをかけてゴルフをやっていたのですがタイガーウッズと同じようにレーザーの治療を受けてからはゴルフのロングパットの距離感をつかむことに影響が出たといっていたそうです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。