ゴルフ ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフのホールインワン

ゴルフのホールインワンというのは1打目でホールにゴルフボールを入れるということですが、ゴルフのホールインワンは偶然に等しいかもしれません。

ゴルフのホールインワンがどれくらいの確率ででるのかというと、ゴルフの上級者でアマチュアの場合には8000分の1の確率から14000分の1の確率でゴルフのホールインワンが出るといわれています。

簡単に言えばゴルフのラウンドで2000から3000ラウンドまわってその中で1回ゴルフのホールインワンが出るくらいの確率です。

これは上級者のホールインワンの確率ですから初心者の場合にはもっと確率は低くなると考えられています。

今までにゴルフのホールインワンを多く出した人の記録ではアメリカのノーマンマンレーという人が59回もホールインワンを出しているといわれています。

このホールインワンの確率は毎年ゴルフのホールインワンを1回は出していて1979年にはなんと1年間に4回もホールインワンを出していたのだそうです。

しかし、このノーマン・マンレーではないのですが1年間にゴルフのホールインワンを11回も出していた人もいるようです。

ゴルフの雨の日

もしもゴルフをする予定だった日がアメだった場合、雨が朝から降っていた場合にはゴルフの予定を変更する人が多いと思いますが、天気予報で雨が降るかもしれないというときには、あらかじめ雨具をもってゴルフを周ることをおすすめします。

雨の日に行うゴルフでは、傘やレインコート、防水の靴を用意しておくといいと思います。

また雨の日のゴルフではグローブはいつもより多めで、タオルも多めに持っていくといいでしょう。

ゴルフをやり始めたときには雨が降っていなくても途中で降ってくることもありますから雨具の用意はゴルフバッグに持っていると安心です。

ゴルフのシューズやウエアーは耐水性のあるものと、通気性があるものがあれば一番いいですね。

最近では色々な素材で作られたシューズやウエアーが販売されていますから選んでできるだけ防水のものを選ぶようにしたほうがいいでしょう。

ゴルフ場で傘を差すと落雷にあうという話しもありますからレインコートも必ず持っていった方がいいと思います。

ゴルフと和製英語

ゴルフと和製英語ですが、実は私達が使っているゴルフの用語というのは和製英語が多く含まれているといわれています。

ゴルフ英語の大半はカタカナで英語のような気がしていたのですが実は欧米人が使うことのない和製英語、つまり日本人が作った英語ということになります。

例えば、ゴルフ用語でニアピンと呼ばれる用語がありますが、ニアピンは和製英語に当たります。

英語ではGreenieといいますからニアピンではありません。

またゴルフ用語のワンオンやパーオンと言う言葉も実は和製英語なんだそうです。

ゴルフ英語のダフリも和製英語です、

このように日本人が勝手に作った和製英語がゴルフ用語の中には沢山あります。

また英語を使っているゴルフ用語の場合でも、発音が難しい言葉もありますから、その場合には日本人が発音しても通じないこともあるそうです。

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブを選ぶ場合には自分にぴったりとあったものを選ぶのがいいでしょう。

ゴルフクラブにはシャフトやヘッドの種類が色々なものがあります。

ゴルフショップへ行ってゴルフクラブを購入する場合に一番理想的なゴルフクラブの選び方は、色々なクラブがありますから、計測機器で確認しながら、ゴルフボールを試し打ちしてみるといいと思います。

また、店内に練習場が用意されているゴルフショップもありますから実際にゴルフクラブで打ってみて選べれば一番いいと思います。

ゴルフクラブを選ぶときに試しに打てれば理想的なゴルフクラブを探すことができます。

ゴルフクラブを選ぶときには、自分にあっているゴルフクラブのスペックを覚えておく必要があります。

ドライバを振ってヘッドスピードがどれくらいなのかを知っておくということは大切です。

自分のドライバーのヘッドスピードに合わせてゴルフクラブを選ぶと選びやすいですし自分にあったゴルフクラブを選ぶことができます。

ゴルフクラブを自分で選ぶときにもしも選び方がわからなくなった場合などにはショップの人に聞いて選んでみてもいいかもしれませんね。

ゴルフのシャフト

ゴルフのグリップは最近では色々な種類のものが販売されています。

ゴルフのグリップの素材や重さ、太さというのはただ単にデザイン性や持ちやすいというだけでなく、一般のゴルフを楽しむ人が思っている以上に実はゴルフの技術に影響を与えているのです。

ゴルフのグリップは昔は皮で作られたものが主流でしたが、最近では皮でできているゴルフのグリップというのはあまり見かけなくなりました。

ゴルフのグリップは最近ではゴム以外の素材もどんどん増えて生きています。

ゴルフのグリップの素材でEPDMと呼ばれる素材があるのですがこれはコンパウンド素材のゴルフのグリップで、このグリップを使う人が多くなっているようです。


ゴルフのグリップの素材のコンパウンド資材は、ゴムよりも柔らかくてしっとりしている感触のグリップがいいと思っている人はとても気にいるのではないでしょうか。

ウィンのゴルフのグリップは、新しい素材のグリップを使っていて、持ち易い感触になっています。

ゴルフのグリップでゴムを使っているものでは天然のゴムと合成のゴムを使っているものがありますが、それにプラスしてコードが入っているものもあります。

ゴルフのシャフトはスチールシャフトとグラファイトシャフトの二つの分けることが出来ます。

少しでもゴルフボールを遠くに飛ばそうと思っているゴルフのドライバーの場合には、グラファイトシャフトが使用されていますが、ゴルフのアイアンは、どちらかというと、ゴルフボールを飛ばすというよりも、正しく打つことが大切なゴルフクラブですからスチールシャフトが使われることが多いようです。

ゴルフクラブのそれぞれの特徴は、ゴルフクラブのシャフトの硬さやゴルフシャフトの長さや重さなども大切ですし、キックポイントやトルクによっても左右されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。