ゴルフの用語 ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフの用語

ゴルフのホールインというのじゃ1打でホールに入れた場合をホールインワンといいます。

そして2打でホールにボールを入れた場合には、イーグルといい、3打でゴルフをしていてホールに入れた場合にはバーディーといっています。

そしてゴルフのホールインは4打目で入れたときには、パー、5打で入れたときにはボギー、7打ハプルボギー、8打はダブルパーといったようにゴルフ用語がつけられています。

ゴルフ用語のショットも色々なショットがあります。例えばゴルフ用語でショットというのはボールを打つことを言いますし、ティーショットは、ティーイングランドからショットをすることで、アプローチショットというのはグリーンの周りからショットをすること、バンカーショットはバンカーから出すためのショットといったようにゴルフのショットと言っても種類があります。

ちなみにグリーンの上でパターを使ってショットすることをゴルフ用語では、パットと言いますし、ショットしたボールが地面につくまでの距離をキャリーというようにゴルフ予後で入っています。

ゴルフ用語で初心者でも知っておいたほうがいいのは、アゲインストと呼ばれる向かい風の事です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。