ゴルフのクラブ ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフのクラブ

ゴルフのクラブを使用してもいい本数は決められています。

1人14本までと決まっています。

普通のクラブゼットの場合には、ウッドと呼ばれるゴルフのクラブが3−4本とアイアンと呼ばれているゴルフのクラブが8−9本とそしてパターが1本入っているのが一般的なゴルフクラブのセットです。

クラブはそれぞれ飛距離を考えて打ちやすく作られていますから、ゴルフをする人は長い距離を打ちたい場合と短い距離を打ちたい場合にはゴルフクラブを自分で使い分けてプレイします。

ゴルフのクラブのヘッドには、ロフト角という角度が着いています。

この角度に正しく球があたればボールが高く上昇して距離は伸びないようになっています。

ゴルフのクラブは、ヘッドとシャフト、そしてグリップから構成されています。

ゴルフクラブは、大まかに分けるとウッドとアイアンに分けられますか、ウッドとアイアンの間の中間の禿頭を持っているユーティリティーというゴルフクラブもあります。

ゴルフクラブは3番4番といったように番手がついています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。