ゴルフの基礎 ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフの基礎

ゴルフはゴルフのボールをホールにどれだけ少ない打数で入れるかを競争するスポーツです。

ゴルフゴー津は直系が4.2センチ、重さが45グラムと決められていて、ホールの大きさは直系が4.25インチと決められています。

そしてゴルフのクラブは最大で一人14本まで使ってもいいといわれています。

ゴルフのクラブの種類は、ウッド、アイアン、ウェッジ、パターと言った種類があります。

ゴルフのクラブは距離や軌道などを考えて使い分けてゴルフでプレイします。

そしてゴルフのコースは、一般的なコースは18ホールのコースで行うのが普通ですが、その他にもショートホールや、ミドルホール、ロングホールといったコースがあります。

ホールの数が少ないゴルフのコースは、ショートコースと呼ばれたりエグゼクティブコースという言い方をされています。

ゴルフのスコアですが規定打数を1打下回るとバーディーといってなかなか出ることがないのですが2打はイーグルといいます。

1打以上上回ってしまったときはボギーといって2打3打はダブル、トリプルボギーと呼ばれています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。