ゴルフのコースの基礎 ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフのコースの基礎

ゴルフのショートコースといわれている練習用のゴルフコース以外のコースは、一般的には18ホールあります。

それぞれのゴルフのホールには規定の打数が決められていてパー3のホールをショートホールと読んでいますし、パー4のゴルフのホールはミドルホールと呼んでいます。一般的にゴルフの前半の9ホールは、アウトといって、後半の9ホールというのはインと呼ばれています。

それぞれのゴルフのホールには、フェアウェー、ラフ、グリーン、バンカー、池、ティーボックスなどから作られています。

そしてゴルフのホールの外はアウトオブバウンズといって略してOBと呼ばれています。

ゴルフ場のコースのグリーンは芝をとてっ短く刈っていてスムースな面に下がっています。そしてその周りのエプロンといわれている場所は少し濃い芝が惹かれています。

ゴルフのホールは、カップを意味しているのですがティーからグリーンのすべてをホールという言い方で言われていることもあります。

ゴルフでは18ホールのコースが二つ三つあるということになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。