ゴルフのパッティングの打ち方 ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフのパッティングの打ち方

ゴルフのパッティングで距離感がなかなか安定しない場合は、手首をこねている打ち方になっていると思います。

ゴルフのパッティングの基本はストローク式になります。両手首は固定しておいてストロークするのが一番いいゴルフのパッティングの方法です。

右手は手の平側には曲げないで、左手も甲側に曲げないでアドレスのそのままの形でストロークします。

ゴルフのパッティングの方法はもう一つあって、両肩を中心にしてストロークを行うというやり方です。

アドレスで作った姿勢を変えずに肩のターンだけでストロークをしていきます。

この両方のゴルフのパッティングの方法は両方とも手首を固定させてテークバックとフォローの降り方の幅が同じになるようにストロークをします。

そしてゴルフボールが自分の思い通りの方向に行く用にするためには、目標にしている線の上でゴルフボールの先50センチくらいのところに目印をつけていて、そこの上をゴルフボールが通るようにすれば上手にゴルフのパッティングの打ち方が出来ると思います。

ゴルフのパッドのラインの読み方は、グルーンの状態はフェアウェイにいるときからみておくといいと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。