ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフのグリップ

ゴルフのグリップは、ゴルフを行う人とゴルフクラブをもつ接点になっています。

ゴルフのグリップはゴルフを正しくスイングするためには、とても重要なことになっています。

ゴルフのグリップの種類は色々とあります。

ゴルフのクラブのをいかに上手にコントロールして、力を効率よく伝えることができるかはとても重要なことです。

ゴルフのグリップは右手が左手の上に来るように左手から右手といった順番で握るのが一般的です。

左手のグリップはクラブが指の付け根にくるようにクラブを持って握るのがいいといわれています。

ゴルフクラブを握るときには、拳にあまりクラブが行かないようにして、浅めにもって握るのがゴルフのグリップの握り方です。

ゴルフのスイングとゴルフのグリップの握り方関係があると言われていて、正しいゴルフのスイングができるということは、きっちりとゴルフのグリップを握っているということになります。

ゴルフをこれから始めようかと考えている人はゴルフのスイングの練習よりも、まずはゴルフのグリップの正しい握り方をマスターするほうがいいと思います。

ゴルフのスイング

ゴルフというのは最大で14本のゴルフクラブを使って、距離や方向、軌道などを考えてゴルフクラブを使い分けていかに少ない打数でボールをホールまで持っていくのかを競争するスポーツですが、ボールを遠くまで飛ばすためのゴルフのスイングには名前がついています。

遠くにボールを飛ばすためのスイングをフル・スイングといってゴルフの中ではこれが一番大切だといわれています。

ゴルフを始めるとすぐにゴルフのスイングを練習する人がいますが、ゴルフのスイングの練習は、まずはゴルフのグリップの握り方をマスターしてからにしましょう。

そしてゴルフのスイングをする前には、セットアップの仕方を覚えなければいけません。

セットアップの仕方というのは、ゴルフボールを遠くに飛ばすためのフル・スイングをするための構え方の事です。

セットアップの仕方は、ボールの前に立ってゴルフの正しいグリップをしたら、脚は肩幅くらいに広げて膝を軽く曲げてお尻は少し後ろに突き出して上半身は前かがみにして構えます。

そして体重は両足に同じようにかかるようにして、肩の力を抜けばゴルフのセットアップが完成です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。