ゴルフ用品(クラブ,会員権,ゴルフ場)情報

ゴルフと視力

世界的にも有名なタイガーウッズというゴルフプレイヤーがいますが、タイガーウッズは1999年に視力を回復させるためノレーシックと呼ばれるレーザーによる治療を受けて2000年にゴルフで素晴らしい結果を出しました。

それまでのタイガーウッズは、コンタクトレンズをつけてゴルフのプレイをしたい単だそうですが、目にゴミが入ったり山間部でのゴルフのプレイの時には花粉症になったりといった悩みが多かったそうです。

タイガーウッズは視力を回復してからゴルフの成績が良くなったといわれていますが、ホールやグリーン、フェアウエーやゴルフボ^ルなど、すべて大きく見えるようになったために、ゴルフのプレーでもそのことが関連したといっていたんだそうです。

特にタイガーウッズの場合にはゴルフのロングパットを行う場合に視力が良くなってからは大きく影響が出たといわれています。

ゴルフプレイヤーのビージェイ・シンという人も昔はメガネをかけてゴルフをやっていたのですがタイガーウッズと同じようにレーザーの治療を受けてからはゴルフのロングパットの距離感をつかむことに影響が出たといっていたそうです。

ゴルフの競技方法

ゴルフの競技方法は色々な種類があります。

例えばストロークプレーと呼ばれるゴルフの競技方法は、打った打数のトータルで勝敗を競うという方法で、メダルプレーという言い方もされているのですがこれがゴルフの競技方法の中で一番多い競技方法だといわれています。

そしてゴルフの競技方法には、マッチプレーと呼ばれる方法があります。

これはふたりか二組のチームがホール毎に勝敗をつけるというものです。

そしてゴルフの競技方法には、サドンデスと呼ばれるものがあります。

これはストロークプレーやマッチプレーなどをしていて、規定のホールをまわっても、まだ勝敗が決まらないときにはサドンデスという方法で勝敗を決めるというものです。

またゴルフの競技方法では変則的であまり競技として行われるということはすくないのですがステーブルフォードと呼ばれる打数で競うというものではなくて、それぞれのホールでとって、失う点数の合計で競うという方法もあります。

またゴルフの競技方法には、スキンズマッチといって、四人の選手がスポンサーが提供している賞金をかけてテレビなどの番組で行われる競技方法などもあります。

このようにゴルフの競技方法は他にも沢山の方法があります。

ゴルフコンペの幹事

仕事や接待でゴルフコンペをする場合には幹事が必要ですがゴルフコンペの幹事がしなければならない仕事というのは色々とあります。

まずはゴルフコンペの参加費やゴルフ場などを決めます。

そしてゴルフコンペの日程も決めてその時点でゴルフ場の予約を行います。

そしてゴルフコンペの招待状を作って発送します。

この時には、ゴルフコンペの概要やルール、賞品についても記載しておくといいでしょう。

そして招待状の発送がすんだらゴルフコンペの参加者の確認です。

そしてペアリングを作成して、ゴルフコンペに参加する人向けの案内状を作って渡します。

そしてゴルフコンペの賞品を用意して、表彰パーティーや終わってからの植字の予約をします。ゴルフコンペの3日ほど前には、一度ゴルフ場にも確認しておきましょう。

そしてゴルフコンペ当日はスタートする前に、ルールの説明をしたり記念撮影をします。

そしてスコアを集計してゴルフコンペの成績表を作ります。

ゴルフのアドレス

ゴルフのアドレスというのは、ボールをゴルフクラブで打つときの構え方のことを言います。

正しくアドレスをしないと思っている通りにゴルフボールをクラブで打つということができません。

ゴルフボールを打つ前に、ボールと目標に向かって線を想像してその線に対して、肩や胸、腰や両膝などが並行になるように姿勢を正します。

これがゴルフのアドレスの基本です。
このゴルフのアドレスというのはゴルフをする上での基本になってくると思います。

ゴルフのアドレスは鏡を見て練習をしたり、人に見てもらったりしながらゴルフのアドレスをチェックするのがいいと言われています。

ゴルフのアドレスの具体的な姿勢ですが、背筋は伸ばして腰は少し折って前に傾く姿勢にします。

そして両方の膝を曲げます。これがゴルフのアドレスです。

体重はどこかに偏ることなくバランスよく重心を保ってたちましょう。
そして胸を張ってお尻を少し高めにして構えると安定したゴルフのアドレスになります。

背筋が丸くならないように注意してゴルフのアドレスをしましょう。

ゴルフのアドレスがしっかりとできていないとゴルフは上達しませんから、ゴルフのアドレスはスイングの練習よりも大切なことです。

ゴルフのパッティング

ゴルフのパッティングは、スコアアップでは一番重要な課題です。

一般的には18ホールのコースの中でパー72が基準打数に決められていますから、その中の半分の32だがパットになります。

ゴルフのパッティングはそれだけ意外と沢山やらなければいけませんから、ゴルフのスコアーにも大変関わってくると思います。

ゴルフのパッティングが上達すればゴルフの腕も上がってくると思います。

ゴルフのパッティングの練習は必ずやっておいたほうがいいでしょう。

ゴルフのパッティングのアドレスは特に決められた形というのはありませんから、自分で打ちやすいアドレスでゴルフのパッティングをすればいいと思います。

パッティングは自由にやればいいとはいっても、毎回パッティングの方法が違っているのではなかなか安定することがないと思いますから、自分の中でのパッティング方法というのは決めておいたほうがいいと思います。

ゴルフのアイアンなどのアドレスと近いようなアドレスでするのがゴルフのパッティングでは理想的だといわれています。

ゴルフボールのイチは、構えたときに、左目の真下にくるようにして、ゴルフボールと目の間隔をきちんと保つようにするとパッティングが上達します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。